» 2014 » 1月のブログ記事

知り合いが、匂いによって病気になっていたことが判明し、かなり驚いています。
どういうことかというと、実は病気が体臭を発生させていることがあるとのことなのです。
友人は腎機能の低下によって体からアンモニア臭がしていたとのことで、数日間入院ししっかりと治療をうけることでまた元気になり、そして気になっていた体臭もほとんどなくなっていたということで、体臭の原因が内蔵にあったということだったのです。
ほかにも糖尿病どくとくの香りだったり病気の種類によって違った匂いがするらしいので、自分の体臭がおかしいと感じてわきがもないということであれば体の病気を疑ってみるのもかなり重要なことであるといっても決して言い過ぎなんてことはありません。

体臭の原因についてご紹介しましょう。
体臭の原因としては、嗜好品が考えられます。
お酒やタバコなどは口から入るため、体臭として出ることが多いそうです。
平均よりタお酒やタバコの量が多い人は、強い体臭の傾向があるようです。
体臭の原因としては、汗が考えられます。
雑菌と汗が混じってワキガの臭いになります。
大きなワキガの臭いの原因のポイントは、雑菌と汗が混じってというところです。

□足の臭いについてはコチラ
http://asi-nioi.net/

きれいにしていたり、除菌の効果が期待できる洗剤を使ったりすると、防止できる可能性があります。
また、食事などによっても汗の質が違うので、食事についても見直してみた方がいいようです。
体臭を予防するためには、このようなことに注意するといいようです。。